大きくて白い花

大きくて白い花が咲く木が

並んでいます。

まずはこれ。

コブシです。

コブシの花はこんな感じです。

花びらは完全に開き、いろんな方向に向いて開花します。

コブシの花びらは6枚。

 

 

もうひとつはこれ。

モクレンです。

 

白木蓮の花は、花弁が完全には開かず、「上」に向いて開花します。

私たちは白木蓮の横姿しか見てないことが多いです。花びらは9枚。

しかも花びらはコブシに比べてかなり肉厚。あと、白木蓮は開花している間は葉っぱがありません。花が終わってから葉っぱが出てきます。

 

モクレンもコブシも、さすが同じモクレン科モクレン属だからなのか、葉っぱも同じ、見分けがつきませんし、樹皮も同じです。違いが明確になるのは開花してから。

 

モクレンには紫と白があり(正確には紫と白でグラデーションになっているものもある)、コブシには白しかありません。よって紫やピンクやグレデーションの花が咲いたら、それは間違いなくモクレンです。で、白木蓮かコブシか?ってことになりますが、これも花を見れば一発で分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

開園準備

次の記事

スイセンが見頃