石川県県民の森は、1974年(昭和49年)に健康保養の場として開園致しました。

1986年(昭和61年)には日本の森林浴の森100にも選定され今も多くの方が癒しを求め全国各地から訪れています。

園内の渓流、杉水川(すぎのみずがわ)には、イワナ、ヤマメ、カジカ、サワガニ、サンショウウオ等様々な天然の生き物が住んでいます。

また、渓流に寄り添うように、春の新緑、秋の紅葉等、木々が織りなす凛とした自然の風景があります。様々な動物や昆虫が奏でる音色を足を運んで頂くだけで堪能出来るかと思います。

郷土館

郷土館

白山市渡津(旧鳥越村渡津)の民家を移築し、現在は郷土資料等を展示する施設となっています。

詳しくはこちら

広場

広場

林に囲まれた芝生の広場です。晴天時には人気の広場で、写真奥の清流に簡単に下りることができます。自由に遊ぶことができ、親子連れにお勧めの場所です。

詳しくはこちら

渓流

渓流

 園内を杉ノ水川が流れており、マイナスイオンたっぷりの心地よい せせらぎを聞くことができます。子どもたちが遊べるような水辺もありますし、渓流沿いのバーベキュー舎でバーベキュ...

詳しくはこちら

新保の森

新保の森

新保の森(写真)は樹齢100年余の石川県を代表するスギ美林で、いしかわの森林50選にも選定されています。 旧上新保村の跡地になります。集落の人々がこの土地を離れるときに思いを...

詳しくはこちら

かじか橋

かじか 橋

 日本で最初の大断面集成材を使用したアーチ車道橋といわれています。近代木橋の先駆けとなる橋でした。【S62架、アーチ部分は県木アテ(ヒノキアスナロ)の集成材】園内には、この他...

詳しくはこちら

パノラマコース

パノラマ

ブナやナラの林の中を歩く遊歩道です。展望台から山々を眺めることができます。 途中、雪害から村を守るために保護されている「斧入らずの森」を歩きます。 &n...

詳しくはこちら