石川県県民の森は、1974年(昭和49年)に健康保養の場として開園致しました。

1986年(昭和61年)には日本の森林浴の森100にも選定され今も多くの方が癒しを求め全国各地から訪れています。

園内の渓流、杉水川(すぎのみずがわ)には、イワナ、ヤマメ、カジカ、サワガニ、サンショウウオ等様々な天然の生き物が住んでいます。

また、渓流に寄り添うように、春の新緑、秋の紅葉等、木々が織りなす凛とした自然の風景があります。様々な動物や昆虫が奏でる音色を足を運んで頂くだけで堪能出来るかと思います。