川の付近ではカエルが、なんか用か?と問いかけられているような。

この写真のアズマヒキガエル(これは、森林浴センターのパノラマコース入口付近)は、ある毒蛇の餌になります。

その毒蛇とは、❞ヤマカガシ❞です。

ヤマカガシは、ヒキガエルを捕食する事で自分の毒を作り出します。

その毒の牙は、マムシなどよりも強い毒になります。

しかし、噛まれても何ともないことがあるのであまり危険視されていないのが現実。

それはなぜか、、、毒牙が奥の方にあるためです。

そのため、ガッツリ噛まれるとヤバイ❢❢(約数時間後くらいに血清を打たないと死に至ることがあります)

したがって、こんな場所は要注意。

  • 池がある場所
  • 湿地
  • ヒキガエルがいる場所

という事は、県民の森にも確実に潜んでいます。

ヤマカガシは、鮮やかな色をしているので面白がって触りにいったりしがちです。

もし、遭遇した場合は、逃げたもの勝ちです。

周りをしっかり観察しながらそういう危険がある事を頭におき散策しましょう。

......な、な、なんだと❢❢ にゲロ、にゲロ❢❢

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

シャガ