炭焼き2020

10月13日 ㈫  9:00

天気   くもり(予報では雨が降る)

気温   16℃

事務所横のトチの木は葉も黄色くなって

秋を感じさせてくれます。

そして茶色い落ち葉と緑色の丸いフキの葉っぱのコントラストが

とても可愛いです。

 

10月11日、いよいよ今年の炭焼きが始まりました。

筆者にとっては初めての炭焼き。

何もかもが新鮮で、いちいち驚いたり

喜んだり、写真撮影したりと

ゆったり時間が流れるというよりは

少し気が張っていたと思います。

窯に炭になる木を隙間なく詰めて

入口までぎゅうぎゅうに

ここからは完成まで火を絶やしてはなりません。

就労時間外も見に来て火のお世話をします。

詳細は炭焼き担当のTakuがブログで紹介しますね。

もやっと煙突から煙が。

ドライアイスみたい。

炭焼きは奥が深く難しい作業です。

 

最初に投入する薪だけでも

配置、長さ、太さ、種類、燃やすタイミング、くべる場所

全てに気を配り、バランスよく燃やしてゆくのは

テキストには載っていない、「勘」が重要なのだとか。

難しそう・・・やり直しができなから。

1年に1度のぶっつけ本番!

でも面白そう。

自由に見学してください。

炭焼き小屋はログハウス手前、新保の森あたりにあります。

(正面案内板より1700mくらい)

 

休憩時間はスウェーデントーチで

お湯を沸かしてコーヒーを飲みながら

どんどん薪をくべて

窯の中の温度を上げてゆきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

いらっしゃい