シロからクロヘ

【シロ】とか【クロ】とか、刑事もののドラマに出てくる専門用語のようですね。

 

ところで

絹糸はどうやって作られるかご存じですか?

そう、原料は蛾の幼虫(かいこ)がサナギになるときに作り出す物質です。

虫さんの持つ力を使って絹が生まれます。

凄いですね!それだけでも感動!

 

そのかいこちゃんの餌となる葉っぱは

「桑(くわ)」という植物です。そのなかでも

「山桑(やまぐわ)」という種類の葉を食べて大きくなるそうです。

県民の森には山桑が何ヵ所かに生えていて、今はだいぶ実に色がついてきてカラフルです。

 

実が大きく膨らんでシロになって

薄いピンク色から

赤色になって

熟した実は

暗い赤紫色でパッと見るとクロです。

 

並べてみると

可愛いですね!

 

左から右へ熟していきます。

ひとつの木に色々な成熟具合の実がありますので、見つけたら観察してみると面白いですよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です