古さが魅力?

テントサイト横にある

昔なつかしスタイルの建物。

「休憩舎」って書いてある

ここは雨天休憩舎という建物です。

屋内も広いです🙆昼間でも暗いけど😅

例えば

大勢でキャンプに来て、雨が降ってきたら

キャンプファイヤーも出来ませんし、

何よりみんなで集まる場所なんてありません。

が、

雨天休憩舎があれば大丈夫。

火も使えるのです。

 

 

 

これは建物の中。

中央部分に囲炉裏があります。

天井近くには光を取り入れる窓もあります。

(でも暗いけど!雰囲気はある!!)

電気をつけたらちゃんと明るくなります😅

天井からは太い竹が吊るされています。

建物の中でも土足で出入りできて、火を使って作業したり、集まれたりするのって便利で使えると思いませんか?

新しいのも魅力的だけど、

古いものを大切に使ってゆくというスタイルも私は魅力的だと感じます。

雨の日に雨天休憩舎から外を見ると

こんな景色が見えます。

窓もガラスじゃなくて板!

(ハイジの世界やん!)

開けば風通し抜群です。

ちゃんと手入れされた樹木たち。

美しい景色です。

古さや不便さを工夫して楽しんで

キャンプして

雨が降ったら雨天休憩舎でワイワイ楽しむ!

 

近代的なキャンプ場にはない魅力です!

 

ちなみにトイレが建物中に設置されていて、

そこは改築したので新しくて綺麗です。

お天気に関係なく日除けや風避け、休憩などにどんどんお使いください。

大まかな場所は園内地図をご覧下さい。

 

 

動画を撮ってみました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

今日のけんみんの森の様子