茅葺き屋根の内側

県民の森は霧に包まれて幻想的な雰囲気が漂っていました。

 

郷土館の二階の屋根裏を片付けていました。

年代物の忘れ去られたお宝が…。

玄関を入ってすぐの土間にはしごがあります。

ここから屋根裏に行けるようになっています。

これが現在の状態です。

まだ片付けは終わっていませんが、だいぶ物がなくなってスッキリしました。

 

はしご上段から

1階の土間を見下ろした画像です。

わりと高くて、

高所恐怖症の方は怖いと思います。

屋根裏を綺麗に片付けて、茅葺き屋根の内側がどのような造りになっているのか皆さんに是非とも見ていただきたいと思っています。

が、

まだ安全面の問題が解消できません。

 

健脚で高所も大丈夫で茅葺き屋根に興味があってどうしても見たい!という方に限り見学可能になるのか、まだまだ課題はいくつもありますが、(大量のカメムシとか…)せっかくですからライトアップして見やすくしてお披露目したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

クリンソウが咲き始め。